上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月10日(月・祝)

東京府中の森芸術劇場で
第16回東日本学校吹奏楽大会が行われました

で、行ってきましたよ東京

息子の学校、なぜか大きな大会の前になるとドタバタのトラブルが発生しますが
なんだか今回は~とても平和~~~~~♪

学校のマラソン大会が雨で流れて、翌週になり大会直前になりましたが
怪我する子も出ず。。。平和~~~~~♪

な、状態で東日本へ旅立つ日
小学生を60人も連れての旅です、先生達はきっととっても大変
でも役員でもない私は特に頼まれる仕事があるわけでもなく
(役員さんたちには頭があがりませんが)
なんて快適旅^^♪

子供らと同じJRで出発し、東京についてさよならして
(子供らはすぐ借りたホールへ移動して練習でした)
連休の都内観光などしてみました

東京在住の兄とも合流し観光してから、東京の親戚の家へ行って
みんなでご飯して→宿泊

大会当日は府中まで車で快適に移動させていただきました
大会直前に何もトラブル無しなんて珍しい~♪なんて思っていたら

私の知らないところで、子供らに不思議なトラブルが巻き起こっていました
大会前日、子供らは東京にJRでついてから
とある合宿所に移動していました、東京でもちょっと郊外にあるところで
宿泊棟と練習できるホールが一緒になっていて
とても便利!しかも楽器移動もしなくて良し!大会当日の朝も練習可能!と
吹奏楽団にはうってつけの宿泊施設

でもね。。。いろいろ。。。でちゃったんですって。。。

役員さんに聞いた話、建物もちょっと古くて無駄に広くて(バブル時の建物?)
なんともいえないジメーっとした空気が漂っていて
夜、子供らが就寝時間になって部屋に入った頃に

トントントントン、ボンボンボンボン ずっと・・・太鼓の音が・・・・
∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!

何人も聞いたそうですよ、児童だけじゃなく、大人も。。。
他にも変な声が聞こえたとか、なんかいろいろ
それでこわくなって子供らはひとつのベッドに3人ずつ寝てたとか(笑)

でも、実は一緒に泊まったお母さん達もこわくて
ひとつの部屋に集まって、ソファも使って寝たらしいです~

私はそんなこと全然知らずだったので
合宿所ってどんなところかな~二段ベッドとかで楽しくやっているのかな~と思ってました

そんな謎の合宿所を出て、大会当日
親戚一同がうちの息子を見るために府中に集結、なんと10人!
どりーむホールははじめて入るので、地区大会で行きなれているいとこに様子を聞きながら
なんとか息子のパートが見やすそうな場所に座れました

今回開場待ちで並んでいるところにパンフレットを売りにきてくれたり
(全日本はそうなんですってね~)朝日新聞の記念号外の申込み用紙を持ってきてくれたりで
そうそう、並んでいる間ってちょっと暇だしちょうどいいね~気が利いてるね~と思いましたよ

そんな感じで今回は買う!と決めていた即売CDの申込みや記念号外の受付を終わらせて席へ。。。

やはり東日本まで来る学校はどこも上手、kitaraの大会で一緒に代表になった学校も
また音量を上げてきた感じで迫力満点

どこも聞き応えのある良い演奏でした^^
ほんと、いつも思う。みんなに全員に金メダルかけてあげたい!!って

息子の学校の演奏も、いつもの荒々しい感じとは違い整った美しい音色になっていました
なんというか、情景が浮かぶような音楽で・・・がんばったな~と
(親の贔屓目もあるのかもしれないですけどね)

そして結果発表

ゴールド金賞 いただきました

息子が最上級生の最後の東日本で金賞をいただけたこと
小学校の吹奏楽4年で3回もの東日本金賞受賞、本当に幸せ者な子供達です。

本人達の努力はもちろん、顧問の先生、補助してくれたたくさんの先生
地区にいるたくさんの先輩方や吹奏楽団の団員さんたち、学校周辺の皆様
子供らが安心して練習できる環境を整えてくださったすべての皆さん

皆さんのおかげでいただいた金賞だと思いました
すべての皆さんにありがとう!です

とても恵まれた環境で吹奏楽をできている息子です^^

さて、大会はそんな感動で終わり
親戚一同に早々にお別れを告げてJRへ飛び乗り!
その日の夜には帰ってきたのでした

翌日、普通に学校なもので。。。汗

そして、またすぐ練習の日々がはじまりました
秋は市のイベントが目白押し、たくさん支援をいただいた市民の皆様に恩返しのステージですね!

来年からは中学生、息子が行く中学はA編成なので
たぶん今回が最後の東日本大会でした。



にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。