3月11日(金)

幼稚園で『卒園をお祝いする会』が行われました
朝早くから準備をし

10時から開会
お母さん達のダンスやクイズで大盛り上がりし
先生への感謝の言葉や贈り物で涙し

役員や残ってくれたお母さん達で後片付けをして

午後2時半
市民プールへ向かいました
「疲れたし家へ帰る~今日はプール休む~」と息子が行っていたけれど
朝準備をしてきたし、間に合う時間だし行きたいと思って私の意志でプールへ

2時50分には更衣室へ入るのでたぶん40分くらいには到着をして
幼稚園の仲間達でプールのロビーでおしゃべりなんてしていたその時



ゆらぁぁぁ~~~~~~~~


ん?私めまいがするのかな?と思うような揺れでした

でも、しだいにゆらゆらが激しくなっていくのでさすがにそこにいた全員が地震だと気付き
プールのロビーはガラス張り

そのガラスがしなる!
このガラスが割れたら!!危ない!!

そう思ってみんなで親子で手をつないで駐車場へと飛び出しました


本当にこわくてみんなでしゃがみこんで・・・


しだいに揺れがおさまり・・・
寒いのでプールへ戻ると


また揺れはじめ


また駐車場へ・・・

この時に覚えているのは
駐車場に停まっていた車が今にも走り出しそうなくらいに動いていたことです


2度目の揺れがおさまったとたんに
市の防災放送

「大津波警報が発令され海岸付近には避難勧告が発令されました、海辺には絶対に近づかないで下さい」

スイミング教室は中止になりましたが
我が家が海の目の前・・・帰宅できません


スイミングで一緒な同じクラスのお母さんの家へ誘われ行くことにしました

この頃から余震が何度も何度もきて
もう常にゆれているような状態になり
テレビでニュースを見ていたら・・・

東北のどこかの町で
津波がどんどん陸地に入っていく映像が映し出され

本当にこの時が一番の恐怖でした

友達一家と一緒に高台にある避難所へ移動


家のすぐ近くにいるはずの義母と連絡を取らなくちゃ
すぐに逃げるように言わなくちゃ!!

携帯が通じません・・・

auを使っていた人は全く通話もメールもダメだったそうですが
幸い私も家族のみんなもdocomo携帯だったので
何十回もかけて1回ずつですが、義母と夫に電話が通じました

義母には海沿いは危ないからすぐに家を離れるように言い
夫は帰宅するというので危ないから家へ行かずに避難するように告げ

それからは電話が全くつながらないので夫とのみメールでやりとりをしていました

夫の職場のすぐ近くの海からは何メートルも水がひけたらしく
そこはすぐに離れたものの家を見に行ったようで
夜7時頃に満潮が来るし、津波の第2波もちょうどその頃だから
その時間をすぎるまでは避難所にいようと説得し
夫と義母が私達のいる避難所へやってきて合流

こういう時、一番不安なのは家族が一緒の場所にいないことだって
本当にそう思いました

満潮時間の第2波
夫の職場付近は冠水・・・港のすぐ近くにある市場では荷物や車が流され道路を泳いでいる状態・・・

その時間に我が家横の海で潮位に変化が無かったので、それでやっと帰宅できました

夕方、私達が避難した時間は避難勧告だったけれど
その後は避難命令に変わっていたようです

隣の市では冠水していろいろ被害が出たようだし亡くなった方もいました


結果うちのところにはなにも被害はなかったけれど
避難したのは間違っていなかったと思いました


その夜は遅くまでニュースを見て
なんだか眠ったような眠れなかったような
うつらうつらとした夜をすごし、早朝にまた地震で目が覚めました

(3/11おわり)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://magicalholiday.blog27.fc2.com/tb.php/440-478ce24a