2011.03.17 卒 園 式
3月17日


3年間お世話になった幼稚園を卒園する日がやってきました

前日は水を飲んだだけでも嘔吐していたのに
卒園式の朝には全く回復していて

元気に家を出られました

卒園式1

(あいかわらず写真にいい顔しないけどw)

園につくと、どの先生もみんな
「おんくん大丈夫なの~」とおんの体調を心配してくれていました
3年間1日も休むことなく通った子が卒園式にダウンとか可哀想だものね~

教室で友達同士写真を写したり
(まだ化粧がバッチリの)先生と写真を写したりして

卒園式がはじまりました

最初は卒園証書の授与

それから各挨拶が終わって
皆勤賞贈呈!

3年間1日も休まずに登園してくれたお友達です
「○○○○おん くん!」 「はいっ!!」

お返事の声も大きく立派に代表をつとめあげました

卒園式2

おもわず母の目には涙ですよ
前日の日に吐いて点滴打って寝てたのが…ちゃんと皆勤賞を受け取れたっていうのが
余計にジーンときちゃいました

在園児からお祝いの歌、卒園児から一人一言をあわせていく声かけのご挨拶
そして「ありがとうこころをこめて」の歌にまた感涙

それから子供達が花を持ってお母さんに贈呈
(先生、泣かせる演出するね~)

式は終わって教室に戻ると

担任の先生が 涙涙ですよ

みんなで作った先生へ渡す記念アルバムやプレゼント
園児ひとりずつから先生へお花を渡して

先生からもみんなに一人ずつプレゼントをもらって

卒園式3

これで本当に卒園

先生、3年間本当にありがとうございました


(と、母が先生に抱きついてしまったのでした(笑)




次は小学校だね!また頑張ろうね!!
スポンサーサイト
3月16日

卒園式を明日にひかえ、卒園児へ渡す記念品や
在園児に渡す父母会費の返還(あまったお金は商品券やお菓子で返します)
などの作業に幼稚園へ行っていました

だいたいの仕事がすみ、母達がまーったりしていたその時に

おんのクラスの担任が慌てた様子で父母会室にやってきて

「おんくんが吐いて!!!」


工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工


園ではお祝いの会の少し前からウイルス性の胃腸炎がはやっていました
おんからも毎日のように「○○くんが吐いて帰った」とか聞いていて
それでもまた丈夫なおんは感染することなく明日が卒園式・・・

しかも3年皆勤賞!!!
あいうえお順で最初だから代表!!
(3年皆勤は3人で、他の子も壇上で賞状を受け取るけれど文面を全部読まれるのはおんだけ)


って日に嘔吐って・・・



幸いこの日はもう出席扱いになる時間だったので皆勤は達成なのですが
卒園式に出られないのはあまりにもイヤすぎる~~~!!

すぐさま小児科に予約を入れて
午前の診療にギリギリ飛び込むことができました

(小児科に入ったところでまた嘔吐)

小児科医「卒園式っていつ???」
おん「あした~」
るんるん「先生…皆勤賞の代表なんです~」


はい、点滴決定!!


これを打たないと明日出られないってのがわかるみたいで
おん点滴うつのも嫌がらず、泣きもせず、じっと我慢して
30分程点滴をうけて帰宅

家ではDVDを見たり、ウトウトしたり
でも水を飲んだだけでもまた嘔吐してしまうというありさま

明日・・・ちょっとだけでも出られますように・・・



と、思ってましたら



3月17日 卒園式の朝

おんサン、完全復活
「おなかへった~!!」とバナナで朝ごはん

さぁ!卒園式いくぞオー!



丈夫だなぁ・・・(´゚∀゚`;)
さすが3年皆勤男・・・




卒園式はまた次の記事で書きます
2011.03.14 最後のお弁当
幼稚園生活最後のお弁当日でした


3年間作り続けたお弁当
1年でだいたい100回くらいだから
3年で300回は作ったはず

その最終日なので
ラスト弁当


M先生とおんの顔弁当メッセージつき

お弁当のフタには


おん へ
「いままでずっとママのお弁当うを喜んで食べてくれてありがとう、おかげでママもお弁当を作るのがとても楽しかったです。もうすぐ卒園だねおめでとう」

M先生 へ
「3年間も、おんののんびりお昼ごはんに付き合ってくれて本当にありがとうございました^^」

と、それぞれに手紙を書いて両面テープで貼り付けました



息子より先生が喜んで喜んで
父母会室から帰宅しようとしたら先生から興奮した感じでお礼を言われました

いや~喜んでもらえてなによりです^^♪


幼稚園生活もラスト間近です
テレビは震災一色ですが

13日は音楽教室のグレード試験でした
試験といっても誰でも受かるようなもので
幼児コースの修了試験のようなものです

と、おきらくに行ったら

子供でも試験の緊張する感じってわかるものなんですね~

いつもと違う先生が試験監だったこともあって
おんガッチガチ

それでも歌も上手に歌えたし調音もちゃんとできたし
ひくのは、ほんと上手なので(はい、親バカですね)

先生からは全開のほめ言葉をいただき試験終了

「地震のすぐ後で皆さんまだ気持ちが落ち着いてないのにちゃんと練習してきてくれたんですね~」と言われたので
「うち一昨日は避難指示が出て避難所にいたんですよ」なんて話したら

避難所にいたのは何時間かのことなのに


「おんくん本当に良く来てくれたねぇ・・・」と先生ウルウル状態



避難所から試験に駆けつけたわけじゃないんですがね(;^ω^)


たぶん先生も震災のニュースで何か感じるものがあって
そういうモードに入っているのかなぁ・・・

地震の2日後にピアノの試験にいけているなんて
東北の皆様の現状を考えればすごく恵まれていることだし

たぶん津波があった地方では練習する教室が被害を受けたり
習っていた子が被害を受けたりで
試験どころじゃないんだろうなって思うと

ほんと私に何かできることはありませんか~???です

とりあえず貯めていたポイントサイトのポイントを寄付することができるようになっていたので
全ポイント寄付した私でした・・・


試験の結果は後日来るとのこと
さて、どんな結果が来るのか楽しみです^^
3月12日(日)


一夜明けて12日
早朝に余震だと思って目が覚めたのだけど
これがまた違う場所で揺れたんだと知って驚き…なんだか恐かったです

テレビを見ていると目を覆いたくなるような被害状況

とりあえず家に食材など何もないので買い物にでかけることにしました

(この時点でまだ大津波警報が解除されていなかったので家から離れたい気持ちもあった)

普通に食材と、一応保存食になるようにカップ麺
カセットコンロのガスと飲み物はいつもより少し多めに・・・
漁業被害が出ているからしばらく食べられないかもしれないのでお刺身
(お刺身って停電になったとしても食べられるなーと思いましてw)
お菓子やパンなどいろいろ

レジへの大行列はすごかったです・・・
30分は並んだわぁ

長い長い行列をクリアして買った物を車につめこんで
(保存食は車の中につめた非常持ち出し袋に入れて)
スーパーのすぐ横にあるお友達の家に息子が少しだけお邪魔していたのですが

「まだ帰らない!」とのことで

この日はおんだけ友人宅に自主避難(笑)

パパは冠水した地区にある会社や取引先をまわってから帰宅・・・


「どこかの車が道にころがってたよ・・・」


(´-д-)フゥ-3


この日の昼過ぎには 大津波警報から津波警報 に
午後には 警報から注意報 になって
少し安心しました


同じ地震を体験した身としては
被災した人たちに何かしてあげられることはないだろうか

そればかり考えていました
3月11日(金)

幼稚園で『卒園をお祝いする会』が行われました
朝早くから準備をし

10時から開会
お母さん達のダンスやクイズで大盛り上がりし
先生への感謝の言葉や贈り物で涙し

役員や残ってくれたお母さん達で後片付けをして

午後2時半
市民プールへ向かいました
「疲れたし家へ帰る~今日はプール休む~」と息子が行っていたけれど
朝準備をしてきたし、間に合う時間だし行きたいと思って私の意志でプールへ

2時50分には更衣室へ入るのでたぶん40分くらいには到着をして
幼稚園の仲間達でプールのロビーでおしゃべりなんてしていたその時



ゆらぁぁぁ~~~~~~~~


ん?私めまいがするのかな?と思うような揺れでした

でも、しだいにゆらゆらが激しくなっていくのでさすがにそこにいた全員が地震だと気付き
プールのロビーはガラス張り

そのガラスがしなる!
このガラスが割れたら!!危ない!!

そう思ってみんなで親子で手をつないで駐車場へと飛び出しました


本当にこわくてみんなでしゃがみこんで・・・


しだいに揺れがおさまり・・・
寒いのでプールへ戻ると


また揺れはじめ


また駐車場へ・・・

この時に覚えているのは
駐車場に停まっていた車が今にも走り出しそうなくらいに動いていたことです


2度目の揺れがおさまったとたんに
市の防災放送

「大津波警報が発令され海岸付近には避難勧告が発令されました、海辺には絶対に近づかないで下さい」

スイミング教室は中止になりましたが
我が家が海の目の前・・・帰宅できません


スイミングで一緒な同じクラスのお母さんの家へ誘われ行くことにしました

この頃から余震が何度も何度もきて
もう常にゆれているような状態になり
テレビでニュースを見ていたら・・・

東北のどこかの町で
津波がどんどん陸地に入っていく映像が映し出され

本当にこの時が一番の恐怖でした

友達一家と一緒に高台にある避難所へ移動


家のすぐ近くにいるはずの義母と連絡を取らなくちゃ
すぐに逃げるように言わなくちゃ!!

携帯が通じません・・・

auを使っていた人は全く通話もメールもダメだったそうですが
幸い私も家族のみんなもdocomo携帯だったので
何十回もかけて1回ずつですが、義母と夫に電話が通じました

義母には海沿いは危ないからすぐに家を離れるように言い
夫は帰宅するというので危ないから家へ行かずに避難するように告げ

それからは電話が全くつながらないので夫とのみメールでやりとりをしていました

夫の職場のすぐ近くの海からは何メートルも水がひけたらしく
そこはすぐに離れたものの家を見に行ったようで
夜7時頃に満潮が来るし、津波の第2波もちょうどその頃だから
その時間をすぎるまでは避難所にいようと説得し
夫と義母が私達のいる避難所へやってきて合流

こういう時、一番不安なのは家族が一緒の場所にいないことだって
本当にそう思いました

満潮時間の第2波
夫の職場付近は冠水・・・港のすぐ近くにある市場では荷物や車が流され道路を泳いでいる状態・・・

その時間に我が家横の海で潮位に変化が無かったので、それでやっと帰宅できました

夕方、私達が避難した時間は避難勧告だったけれど
その後は避難命令に変わっていたようです

隣の市では冠水していろいろ被害が出たようだし亡くなった方もいました


結果うちのところにはなにも被害はなかったけれど
避難したのは間違っていなかったと思いました


その夜は遅くまでニュースを見て
なんだか眠ったような眠れなかったような
うつらうつらとした夜をすごし、早朝にまた地震で目が覚めました

(3/11おわり)
幼稚園へ行く日を数えたら(土日をのぞく)
卒園式までちょうど10日になりました

子供達は卒園式の練習に忙しく
母達は 卒園をお祝いする会 の準備で大忙しです
(役員なので卒園式・謝恩会準備も忙しいですけどね)

卒園をお祝いする会 は 年長の母達の主催で

卒園児と先生方をお迎えして
お遊戯室でやる催し物で

お母さんたちが歌ったり踊ったりゲームしたりと
趣向をこらした お楽しみ会 ですね^^

これの企画を絶対にこどもたちに明かしてはいけないという
極秘プロジェクトなのですよ~


で・・・わたしですけど

某アイドルグループの踊りチームに属してしまいましたので・・・
踊ります・・・

この歳でねぇ・・・まさかステージで可愛い衣装で踊ることになろうとは
恥ずかしいですけど・・・まぁ、やるしかないですけどね (´-∀-`;)

やる以上は完璧に!とみんなで頑張って衣装もキラキラに作りましたよ~


がんばろう・・・うん、がんばろう(自分に言い聞かす)


はやく終わらせて謝恩会で飲みたいね~♪